仲介業者を選ぶのは規模と不動産手数料

ほとんどの方の場合「一生に一度」の買い物になることが多い不動産。

夢が形になる瞬間ですから皆さんその選択には慎重に慎重を期されます。

通勤時間からのロケーション、間取り、そして価格等々。

でも、案外盲点的に見落とされ勝ちなのが、扱う不動産手数料や業者さんそのモノのチェックだったりするのではないでしょうか。

いざ入居し、利用を開始してみると思わぬメンテナンスやちょっとした不具合等、不動産の利用に関しては仲介業者さんに相談しなくてはならないケースが非常に多いのです。

ネームバリューのある大手さんも安心できますが、私があえて押すのは「顔の見える」中小の業者さんですね。

大手さんは担当者の「異動/転勤」があるのです。

ここは実は見落とされがちな点なのです。

その点、中小の業者さんは、その規模にもよりますが担当者さんがずっと同じだったりします。

いつでも気軽に相談に乗ってくれるパートナーの有無は大事なポイントなのです。

最近は不動産手数料が無料だったりするケースが多く要チェックです。

不動産手数料その相場

不動産手数料、購入金額200万以下で5%、400万円で4%+2万円、それ以上で3%+6万円が上限とされています。

パーセンテージが低いためか不動産の購入に際し総額、消費税は最新の注意を払っても、この手数料の存在に関しては案外見落とされたり、軽視されたりするポイントではないでしょうか。

さっと計算すると1000万円の物件だと約38万円、5000万円で約168万円、1億だと約330万円となります。

これはあくまで「上限」ですからこれ以下に成ることも多いですが、金額が明確になるとこれが馬鹿にならないというのが良くわかりますよね。

不動産手数料の相場

この不動産手数料が無料になるところがある、となると、業者さんをキチンとチェックすることも重要なポイントになることが良くわかるのではないでしょうか?一般的に名の通った大手の仲介業者さんも安心ですが、最近は中小の業者さんもこの手数料の扱いに加えて、担当者全員に宅建資格を保有させるなど各種のサービスが充実しているところも多くなって来ました。


Comments are closed.